障がい者・「 夢大使 」

障がい者・「 夢大使 」は障がいのある人の想いや願い、生き方、希望を持ち努力することの大切さを伝える活動を行っています。
SnapShot.png

岩本 友広 

施設で育った僕が出会った仕事、そして結婚、子育てについて語ります。

SnapShot(05).png

辻 浩一郎

てんかんという病と生きてきた人生を語ります。

もりたさん3.png

森田 祐司

太鼓との出会い、そして自身が乗り越えてきたことについて語ります。

なかむらさん3.png

中村 慶彦

いじめられた体験と苦悩そして自立した生活を送る今を語ります。

たかくらさん3.png

高倉 照一

いじめられた体験をのりこえ、自信と誇りを持つことができたことを語ります。

だんさん3.png

山下 弾

人生の出会いと別れ、そして結婚までをテーマに語ります。

かわはらさん3.png

パワーポイントを使ってメンバーが語ります。このプログラムは直接お伺いしての講話だけでなく、オンラインもできます。

川原 慧介

障がいと共に生きる私の思いをテーマに語ります。

■多くの苦難をのりこえ夢をかなえた講師たち

 

「希望し、努力し、感謝して生きる」を合言葉に華やかな舞台で活躍する瑞宝太鼓ですが、それぞれのメンバーが障害を持ち人生を歩んできました。「障がい者・夢大使」は、困難を乗り越え、太鼓に出会い希望の光を見出したこと。夢を持ち希望する大切さを自らの言葉でお話しいたします。

プログラムを受けた方の感想

 

多くの苦難があり、悩みながらも太鼓の道を選び夢をかなえたという話を

きいて感動しました。私も夢をあきらめずにがんばろうと思いました。

本当にありがとうございました。

%25E3%2581%258B%25E3%2581%258A_edited_ed
P1080714.JPG
P1080652.JPG

夢大使は次の3つの方法で受講できます。

1 ご希望の会場で受講

2 オンラインで受講

3 瑞宝太鼓の体育館で受講

​※上の写真は瑞宝太鼓のメンバーがいつも練習している体育館で実施した時の様子です。

 

動画は岩本友広さんの発表の一部です。

​スライドショーで写真などを掲示しながら語ります。

夢大使

障がい者・「夢大使」は、障がいのある人の想いや願い、生き方、希望を持ち努力することの 大切さを伝える活動を行っています。

いぬづかさん.jpg
しみずさん.jpg